「夫婦会議」を子育ての文化に。

 

わが子により良い家庭環境を創り出していける夫婦になる。

そのための「夫婦会議」を、一緒に広げていきませんか? 

子どもを授かって幸せいっぱい!…のはずが、妊娠〜産後・育児期の夫婦は、家事や育児、働き方のことなど、あらゆる場面ですれ違いがち。そこから産後うつ、虐待などの「母子の命に関わる危機」や、産後クライシス、セックスレスなど「離婚に繋がる危機」に発展することもあるだけに、危機を未然に防ぐ、あるいは乗り越えていける「夫婦のパートナーシップ」を築いていくことが重要です。

 

しかし、夫婦や家族の問題は聖域扱い。パパ向けママ向けに分かれての子育て支援が大半を占める中、「親になる夫婦がどのような家庭環境をわが子に創り出していくのか?」という視点での夫婦のパートナーシップ支援は少ない上に、前述したような深刻な事態に陥る前段階での対処は、自助努力・個人の責任とされてきました。

 

こうした中、Logista株式会社では「わたしたち」を主語に、より良い未来に向けて夫婦で対話を重ね、行動を決めていく「夫婦会議」を全国に展開。

 

子どもたちが最初に触れる社会=「家庭」環境において、夫婦が互いに協力・信頼しあえる関係を築くための夫婦会議ツールや、講座・研修プログラムの開発に着手。誰にでも起こり得る産後の危機を乗り越え、わが子により良い家庭環境を創り出していける夫婦であふれる社会を目指し、これまでに磨き上げてきた「夫婦会議のメソッド」を志を共有できる皆様と共に広げていくための仕組みとして、「夫婦会議認定講師制度(夫婦会議アドバイザー/夫婦会議ファシリテーター)」「夫婦会議PR大使制度(夫婦会議アンバサダー)」をスタートさせるに至りました。

 

皆様と共に「夫婦会議を子育ての文化に」

 

「対話」を通じて答えを見出していける。「わたしたち」なら大丈夫。そんな安心感を、一人でも多くのご夫婦・子どもたちに届けていけるように。家庭内のより良い子育て環境づくりに貢献いただける皆様との出逢いを心待ちにしています!


●夫婦会議認定講師とは

夫婦会議認定講師には、「夫婦会議アドバイザー」と「夫婦会議ファシリテーター」の2種類の資格があります。

資格名称 資格の説明

夫婦会議アドバイザー

夫婦会議のメソッドを活用し、夫婦間の対話の状況に応じて的確なアドバイスを行うことで、家庭内のより良い子育て環境づくりに貢献できる人。

夫婦会議ファシリテーター

夫婦会議のメソッドを活用し、夫婦会議を行う場を定期的に提供することで、家庭内のより良い子育て環境づくりに貢献できる人。

●資格取得の対象・条件

夫婦会議認定講師には、資格ごとに取得対象・取得条件・契約形態を定めています。

  夫婦会議アドバイザー 夫婦会議ファシリテーター

資格取得の対象

子育て支援の一環で夫婦のパートナーシップ支援を行いたい個人で、以下の資格取得条件に該当する人。

産婦人科、助産院、産前産後ケア施設に所属する助産師・保健師・看護師・産婦人科医師で、以下の資格取得条件に該当する人。

資格取得の条件

1.Logista の philosophy/vision/mission に共感し、共に夫婦会議を子育ての文化にしていく意志がある人。

2結婚と子育ての経験がある人。

※離婚の有無は問わない。自身の結婚生活の学びを前向きに伝えられる人であれば可。

※子どもの有無は問わない。乳幼児期の子育てを支える仕事に従事した経験があれば可。

3世帯経営ノートを用いて夫婦会議を定期的に行った or 行っている人。

4資格取得後、専用 Web サイトの「認定講師一覧」でプロフィールを公開できる人。

5メール、電話、Facebook、WEB 会議(Skype/ZOOM など)でのコミュニケーションを行える人。

6Excel、Word、PowerPoint を使って資料作成ができる人。

7資格試験などを通じ、Logista が「認定講師として相応しい」と判断した人。

※ネットワークビジネスや宗教などへの勧誘目的の場合、資格取得は不可。 

 

注)夫婦会議ファシリテーターは上記「2」「3」の資格取得条件を問わないものとする。

契約形態

個人との契約。

組織(法人・団体・自治体など)との契約。

※資格は組織内の個人に付与。退職後は資格抹消。

●夫婦会議認定講師としてできること

夫婦会議認定講師は、資格ごとに以下サービスをクライアントに提供することができます。

  夫婦会議アドバイザー

夫婦会議ファシリテーター

パパ&ママのための「夫婦会議の始め方講座」
※お一人から参加可能

パパ&ママのための「夫婦会議の体験講座」
※夫婦参加必須

パパ&ママのための「夫婦会議の実践会」

※夫婦参加必須

主催する講座で夫婦会議のメソッドを活用
※事前申請で許可された内容に限る

夫婦会議ツールを個別のサポートに活用

※カウンセリング、コーチング、コンサルティングなど

夫婦会議ツールの販売
※世帯経営ノート、夫婦会議ノートなど

上記サービスの提供先

●夫婦会議の講座・実践会の開催:制限なし。

●夫婦会議ツールの販売:個人、企業、団体。

※自治体、産婦人科向けの販売は開発元のLogista株式会社が行う。また、企業、団体向けの販売はLogista株式会社に報告を要する。

所属する組織のスタッフ、患者様などの個人。

※夫婦会議ツールの「販売」について
夫婦会議ツール(世帯経営ノート・夫婦会議ノート)の販売を希望する場合には買取制とし、一度の購入が20冊以上で卸価格(定価の2割引)を適用致します。


※各講座の「参加費」について

夫婦会議の始め方講座・体験講座・実践会のいずれも「無償開催」が可能です。ただし、「有償開催」の場合には以下参加費に準ずるものとします。なお、託児を行う際の費用は以下に含まれておりません。必要に応じて設定してください。

・夫婦会議の始め方講座:3,000円/1人
・夫婦会議の体験講座 :5,000円/1組
・夫婦会議の実践会  :1,000円/1組

 

※各講座の「講師費」について

自治体・企業・団体などから依頼を受けて講座を開催する場合の講師費は、認定講師ごとに自由に設定頂けます。本部のLogistaの基準額も参考にされてください。

●サービス一覧

夫婦会議認定講師として扱うサービスの詳細は、画像をクリックの上、各ページでご確認頂けます。


●資格取得の流れ

1.希望する資格研修に申し込む
(申し込み理由などによる選考あり)

  2.資格研修を受講する
3.資格試験を受ける
4.合格後、認定書発行の上、資格付与
5.認定講師一覧にプロフィールなど登録の上、活動開始

●資格研修の概要

 

夫婦会議アドバイザー

夫婦会議ファシリテーター

日時・場所

日時・場所ともに随時告知
※原則として福岡で開催
 ※「10名以上のグループ」で研修に申し込む場合のみ、出張開催可能。その際の旅費交通費はLogista株式会社で負担し、会場手配・会場費は申し込みグループが担う。

申し込み組織の希望日時・場所で開催 

 ※会場手配・会場費、研修講師を務める長廣夫婦2名分の旅費交通費は、申し込み組織が担う。

研修日数

2日間

※両日とも8時間ずつ
※昼休憩を1時間含む

1日間

※8時間
※昼休憩を1時間含む

研修内容

1日目:レクチャー + デモンストレーション

・資格取得の目的を整理する

・夫婦会議の基礎知識
→夫婦会議の目的とメソッド
→夫婦会議ツールの特徴と使い方(世帯経営ノート・夫婦会議ノートごとに解説)
・「夫婦会議の実践会」の開催方法
→運営のポイントと注意点/ケーススタディー
・「夫婦会議の始め方講座」のデモンストレーション

→運営のポイントと注意点/ケーススタディー
・Myストーリーづくり
 

 

2日目:レクチャー + デモンストレーション
・「夫婦会議の体験講座」のデモンストレーション
→運営のポイントと注意点/ケーススタディー

・夫婦会議アドバイザーに求められること

・講座・研修の営業活動のポイント
・Myストーリーのブラッシュアップ

・受講者によるプレゼンテーション

など

 

AM・3時間:デモンストレーション

・研修の流れの説明
・デモンストレーション
→夫婦会議の始め方講座 又は 夫婦会議の体験講座

 

PM・4時間:レクチャー

・資格取得の目的を整理する

・夫婦会議の基礎知識
→夫婦会議の目的とメソッド
→夫婦会議ツールの特徴と使い方(世帯経営ノート・夫婦会議ノートごとに解説)
・「夫婦会議の実践会」の開催方法

→運営のポイントと注意点/ケーススタディー

 ・夫婦会議ファシリテーターに求められること 

・Myストーリーづくり
など

 

 

 

定員

15名

10名

※午前中のデモンストレーションについては、患者様などの利用者を含め合計30名まで受講可能。

●資格試験の概要

  夫婦会議アドバイザー 夫婦会議ファシリテーター

試験内容

●感想文:世帯経営ノートで夫婦会議を行った感想
●小論文:夫婦関係が子どもの未来に与える影響
●面 接:志望動機とプレゼンを中心に60分程度
※プレゼンの課題は研修最終日に提示。

●感想文:世帯経営ノートで夫婦会議を行った感想
●小論文:夫婦関係が子どもの未来に与える影響
●面 接:志望動機を中心に30分程度

 

スケジュール

研修終了日から…
1.7日以内に資格試験に申し込む。(Web登録)
2
.45日以内に感想文・小論文を提出する。(A4、縦型、2枚以内、PDFファイルにてメールで提出)

3.75日以内に面接を実施する。(面接はオンラインも可) 

 

●資格取得・継続に関する料金

料金はすべて税抜きで表示しております。別途、消費税10%が掛かります。また、お振込手数料はご負担お願いいたします。

  夫婦会議アドバイザー 夫婦会議ファシリテーター

研修の受講料

100,000円/1人あたり
※テキストとして「世帯経営ノート」「夫婦会議ノート」を各1冊ずつ配布。

 

200,000円/1組織あたり
※テキスト用に「世帯経営ノート/夫婦会議ノート」を含む。
※研修に11名以上参加する場合、1人に付き20,000円追加。

※資格研修の追加開催は100,000円でオーダー可能。(スタッフ内で新たに資格取得を希望する方がいる場合など)

試験の受験料

20,000円/1人あたり

10,000円/1人あたり

年間ライセンス料

※資格交付時と、毎年の資格更新時に年間ライセンス料をお納め頂きます。

120,000円/年間・1人あたり

※年間ライセンス料は、登録商標「夫婦会議」を契約の範囲内で使用する権利にはじまり、実際に夫婦会議アドバイザーとして活動する際に必要な様々なツール(スライド、動画、チラシなど)の提供、オンラインコミュニティへの参加、個別の相談サポート(月の回数上限あり)などに掛かる費用が含まれています。

 

《キャンペーン実施中》

2020年中に先行して資格研修を受講頂いた方に限り、初年度の年間ライセンス料が50%Offの「60,000円」に!

120,000円/年間・1組織あたり

※年間ライセンス料は、登録商標「夫婦会議」を契約の範囲内で使用する権利にはじまり、実際に夫婦会議ファシリテーターとして活動する際に必要な様々なツール(スライド、動画、チラシなど)の提供、オンラインコミュニティへの参加、個別の相談サポート(月当たりの回数上限あり)などに掛かる費用が含まれています。

 

《キャンペーン実施中》

2020年中に先行して資格研修を受講頂いた組織に限り、初年度の年間ライセンス料が20%Offの「96,000円」に!

その他の料金     

「夫婦会議」を広めたい!

「夫婦会議アンバサダー」として活動をご一緒頂く方法もあります。