【研修報告】ちちおや会 キックオフ研修 株式会社西部技研 様(2015/11/2)


2015年11月2日、福岡県古賀市に本社を構える株式会社西部技研 様で、未就学児を育てる男性社員(ちちおや)を対象としたワークライフバランス研修を実施いたしました。


ハニカム積層体をはじめとする独自の技術で、環境保全や省エネの分野で世界の産業を支える同社。グリーンイノベーションのフロントランナーとしての期待と注目を浴びる中、2014年には経済産業省の「ダイバーシティー経営企業100選」に選定されるなど、創立50周年の節目に「多様性」を活かした組織づくりがテーマになっています。

 

こうした中でオーダーをいただいた今回の研修。これまで女性社員を意識して実施してきたワークライフバランス支援から一歩踏み込み、ちちおやである男性社員の仕事と家庭の両立における悩みや希望にも向き合うべく実施した結果・・・

・同じ立場(ちちおや)同士で意見交換する場がなかったので嬉しかった。

・妻に感謝しようと思った。妻のイライラが分かった気がする。

・夫婦円満でこそ仕事も家庭もうまくいくと思えた。

・仕事の充実=家庭の幸福と思える社風にしたい。

・子どものしつけや夫婦関係など、他の家庭から学べることがあると思った。

などの感想が聞かれ、それぞれに夫婦間や子どもとの関係、家族の在り方に思いを馳せながら、自分や自部門の仕事の進め方を見つめ直す機会にしていただけたようでした。

女性だけでなく男性もワークライフバランスの充実に関心が高いということや、知恵を出し合える仲間(子を持つ親/ちちおや)が社内にたくさんいることを実感してもらえたのも、研修参加者にとっては収穫になったようです。
仕事上の関係性だけでなく、インフォーマルな関係性の中で互いを理解し合うことで、個々のモチベーションはもちろん、組織の結束力も一層高まる。こちらとしても、そのようなことを実感させていただける研修になりました。



株式会社 西部技研 社長ブログでも今回の研修の様子をご報告いただいております。

今後は「SGちちおや会」という名称で社内の親睦組織として「ちちおや」同士の情報交換や各家庭を巻き込んでのイベント行事も企画されるとのこと。

これを機に、ワークライフバランス、ダイバーシティーへの取り組みが一層進まれる事を祈念しております。

隈社長はじめ、研修の準備・開催に向けてご協力いただいた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。