夫婦会議の実践会

※ご夫婦で参加頂く場です

「夫婦会議の実践会」は、複数のご夫婦で集まり「世帯経営ノート」や「夫婦会議ノート」を使って『夫婦会議』を実践する場です。

  • 夫婦ふたりきりだと喧嘩になったり行き詰まることがある。
  • 他のご夫婦の『夫婦会議』の様子や進め方も知りたい。
  • 『夫婦会議』を楽しく習慣化していきたい。

などのお声をいただく中でスタート!

世帯経営ノートや夫婦会議ノートを購入したものの、まだはじめたばかりで思うように捗っていない…というご夫婦にもおすすめです。
第三者の声を参考にできる「相談タイム」や「感想共有タイム」なども活かしながら、一緒に楽しく『夫婦会議』を実践していきませんか?


※『夫婦会議』はLogista株式会社の登録商標です。
妊娠・産後・育児期の方や、将来の子育てを見据えた方で、「夫婦で子育て」を実践する上で大切な “考え方・行動・対話の手法”を学びながら『夫婦会議』をはじめるキッカケを掴みたい方は、「夫婦会議の始め方講座」(一人から参加可能)や、「夫婦会議の体験講座」(夫婦参加必須)への参加がおすすめです。

◆開催イメージ

オンライン(Zoom)で開催!

1.はじめに(約30分)
・自己紹介(主催者&参加者)
・ゴール共有
・『夫婦会議』とは?

2.実践!夫婦会議(約60分)
・アイスブレイク
・『夫婦会議』スタート
※『夫婦会議』中に、「夫婦会議アドバイザーor夫婦会議サポーターor夫婦会議ファシリテーター」に対して必要に応じてご相談いただけます。

3.まとめ(約30分)
・今日の成果&感想の共有 

◆参加対象

『夫婦会議』ツールのユーザーご夫婦

※ご夫婦での参加必須です。
夫婦会議ツール「世帯経営ノート」or「夫婦会議ノート」
をお持ちのご夫婦であればご参加いただけます。

◆参加費

1,100円(税込)

※ご夫婦ふたり分の費用です。
※「夫婦会議アンバサダー」の方は無料です。
※夫婦会議ツール「世帯経営ノート」or「夫婦会議ノート」をお持ちでない方は当日までに必ずご準備ください。
郵送に掛かる日数を踏まえ「参加希望日の1週間前まで」には『夫婦会議』ツールをご購入頂けますようお願いいたします。

▼「夫婦会議オンラインショップ」
https://3522navi.buyshop.jp/


受付中の「夫婦会議の実践会」


▼Logista株式会社主催の「夫婦会議の実践会」

2021年のLogista株式会社主催の「夫婦会議の実践会」は、毎月開催!各回6組(先着順)&オンライン限定で実施していきます。
パソコンやタブレットなどの画面越しになりますが、少数定員ならではの密度の濃い時間をご一緒いただけます!なお、参加者が1〜2組の場合には主催・進行役の長廣夫婦も同時並行で『夫婦会議』を実践予定です。一緒に楽しく『夫婦会議』を実践していきましょう!

◆開催日時
【受付中】
・8月14日(土)10時〜12時
※上記以降のスケジュールは決まり次第更新します。

【終了】
・1月31日(日)10時〜12時
・2月20日(土)10時〜12時
・3月21日(日)10時〜12時
・4月18日(日)10時〜12時
・5月16日(日)10時〜12時
・6月13日(日)10時〜12時
・7月11日(日)10時〜12時

▼自主開催以外の「夫婦会議の実践会」
ご夫婦参加必須の「夫婦会議の実践会」は、
Logista株式会社主催の他に、認定講師「夫婦会議サポーター」「夫婦会議ファシリテーター」主催でも各地で開催されています。その他の『夫婦会議』の講座・イベントに関する情報とあわせて、
ぜひチェックしてみてください♪


「夫婦会議の実践会」で使用する『夫婦会議』のツールとは?


「夫婦会議の実践会」では「世帯経営ノート」「夫婦会議ノート」いずれかの『夫婦会議』のツールをご準備ください。

1)夫婦で産後をデザインする
 「世帯経営ノート」

対象:妊娠・産後・育児期のご夫婦

夫婦の土台づくり、妊娠・産後・育児期の新たな夫婦の協力体制づくりにオススメの夫婦会議ツール。ビジョン、家事、子育て、仕事、お金、住まい、セックス、自由時間、美容・健康、祖父母との関係など、産後にズレが生じがちな10のテーマに的を絞って質問や例題を設定しています。新婚さんや妊活中のご夫婦など、先々の子育てを見据えた方にもご愛用頂いています。
(2019年「キッズデザイン賞」受賞)

 

詳細はコチラ


2)夫婦で未来をデザインする
 「夫婦会議ノート」

●対象:すべてのご夫婦

世帯経営ノートを1冊終えたご夫婦や、夫婦会議を習慣化したいご夫婦、自由に夫婦会議の議題設定をしたいご夫婦にオススメの夫婦会議ツール。ライフステージを問わず、
1冊で「24回」夫婦会議をお楽しみ頂けます。夫婦で話し合うことに難しさや苦手意識があるご夫婦にも、前向きに対話を進めて頂けるよう「対話のコツ」や「夫婦会議のテーマ・議題例(77個)」を収録しています。 

 

詳細はコチラ



『夫婦会議』開発者よりご挨拶


はじめまして!Logista株式会社 共同代表で夫婦会議アドバイザーの長廣百合子(妻)と長廣 遥(夫)です。

弊社は、「未来を担う子どもたちのために産後の危機を乗り越え、より良い家庭環境を創り出していける夫婦で溢れる社会を目指す」をVisionに、子育て期の夫婦のパートナーシップ構築に役立つ、「夫婦会議」を始めるための商品・サービスを展開している企業です。産後うつや虐待、DVなどの母子の命に関わる危機や、産後クライシス、セックスレスなどの産後離婚に繋がる危機を抱えがちな「家庭(夫婦)」において、産後も夫婦が互いに協力・信頼しあえる関係を築いていくための情報提供、サービスの開発に力を入れており、今後更にこの分野でお役に立てる場面を増やしていきたいと考えています。

なぜなら、夫婦が織りなす家庭が社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものだと思うから。私たち自身、第一子誕生を機に夫婦ともにワークライフバランスが崩壊。産後うつや産後クライシスを経験し、産後10ヶ月目には離婚の危機に直面する中で、我慢や妥協ではない夫婦の在り方…「夫婦のパートナーシップ」を発揮していくことの大切さを実感しました。

結婚して、妊娠して、出産して、育児がはじまって…その時々で道を切り拓いてこられた皆さまが、この先も自信を持って道を紡いでいけるように。ご自身が思い描く未来、そしてご夫婦・ご家族で描く未来を大切にしていけるように。

「夫婦会議の実践会」にご参加いただく皆様の「より良い夫婦のパートナーシップづくり」「家庭内のより良い子育て環境づくり」に貢献できれば幸いです!一緒に楽しく『夫婦会議』を続けていきましょう!お逢いできることを楽しみにしています!

Logista株式会社
共同代表 CEO 長廣百合子/共同代表COO 長廣 遥

●プロフィールの詳細はコチラから


コチラもおすすめ!


パパ&ママのための「夫婦会議の始め方講座」
※お一人での参加OK
https://www.logista.jp/fufukaigi-hajimekata/

自分と“対話”する時間に重点を置いた講座です。
『夫婦会議』のポイントやコツの解説はもちろん、講師である長廣夫婦自らの妊娠~産後・育児期の経験や、これまでリサーチを重ねてきたご夫婦の「産前・産後のリアル」に基づく講話、“自分の本音”と向き合うワークや、“対話”の練習などを通じ、参加者それぞれに『夫婦会議』を始めるキッカケを掴んでいただきます。


パパ&ママのための「夫婦会議の体験講座」
※ご夫婦での参加必須
https://www.logista.jp/fufukaigi-taikenn/

【夫婦会議ツール】夫婦で 産後をデザインする「世帯経営ノート」を用い、実際に 『夫婦会議』を体験いただく講座です。

「夫婦で子育て」を実践する上で大切な “考え方・行動・対話の手法”を、講話と夫婦会議の体験を通じて学び、子育て期の夫婦のパートナーシップを育んでいきます。


「Web個別相談」
※お一人orご夫婦で相談
https://www.logista.jp/online-fufukaigi/soudan/

「夫婦会議の個別相談」は、『夫婦会議』に関することはもちろん、子育て期の働き方や暮らし方、夫婦関係におけるお悩みをWeb上で直接ご相談いただけるサービスです。悩みに大小はありません。辛いな、話を聴いてほしいなと思ったらお気軽にご利用ください。家族や友人以外の専門家からのアドバイスが欲しい方や、他のご夫婦と一緒に参加する講座の場には抵抗がある方、個別に相談したい方にもオススメです。


「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」
※お一人orご夫婦で参加
https://www.logista.jp/fufukaigi-parentsclass/

「オンライン両親学級『夫婦会議』のすすめ」は、夫婦で子育てに楽しく取り組むための『夫婦会議』のキッカケが詰まったトークライブ形式の無料イベントです。毎回ゲストにテーマごとの専門家をお招きし、妊娠・産後・育児期のより良い夫婦のパートナーシップづくりはもちろん、家庭内のより良い子育て環境づくりに向けて「夫婦で話し合ってみてほしいこと」をテーマにトークを展開。参加者の皆様が“わたしたち(夫婦)”としての答えを見出すヒントを掴めるよう、お悩みやご質問にも時間が許す限りお答えします!


【守秘義務について】

 

Logista株式会社では、サービス利用者様の情報及びご相談内容に関する守秘義務を徹底しています。

サービス利用者様の同意無しに、第三者に情報を公開することはありません。

 

ただし、サービス利用者様が、自らや他者に対して危害を加える恐れがある場合や、

命に関わる問題が認められた場合には、例外として適切な専門機関に情報提供を行うことがあります。