より良い社会は、より良い家庭から。より良い家庭は、より良い夫婦から。

子どもたちが最初に触れる社会「家庭」。私たちLogista株式会社は、『夫婦会議』の事業を通じ、未来を担う子どもたちにより良い家庭環境を創り出していける夫婦で溢れる社会を目指しています。

『夫婦会議』をはじめたい方、習慣にしたい方のためのツールやサービスをご案内しています。

 

『夫婦会議』で「より良い夫婦のパートナーシップ」を応援したい個人の方、産婦人科、自治体、企業・NPO・任意団体様向けの連携メニュー「夫婦会議推進プロジェクト」をご案内しています。

 



プレゼントキャンペーン開催!


親の私たちが思う以上に、子どもは夫婦関係を見ています。

親の私たちが思う以上に、子どもは夫婦関係をしっかり見て記憶しています。家庭は子どもたちが最初に触れる社会そのもの。子どもが将来「他者と対話できる人間」になるためにも、まずは親である私たち自身が「対話を通じて協力し合う姿」を見せていきませんか?
親の私たちが思う以上に、子どもは夫婦関係をしっかり見て記憶しています。家庭は子どもたちが最初に触れる社会そのもの。子どもが将来「他者と対話できる人間」になるためにも、まずは親である私たち自身が「対話を通じて協力し合う姿」を見せていきませんか?

 

はじめまして!Logista株式会社の長廣 百合子(妻)、長廣 遥(夫)です。

 

弊社は『夫婦会議』を通じ、子どもたちにより良い家庭環境を創り出していける夫婦で溢れる社会を目指す、子育て支援企業です。主に、結婚・妊娠・産後・育児期の夫婦のパートナーシップを育むための『夫婦会議』のツール・サービスの開発提供を行っています。

 

カップルから夫・妻という関係に変化する新婚の時期はもちろん、父・母という「親としての役割」が加わる妊娠・産後・育児期はふたりの関係が劇的に変化しがち。特に、産後うつや虐待、DVなどの母子の命に関わる危機や、産後クライシス、セックスレスなどの産後離婚に繋がる危機を未然に防ぐ・乗り越えていくことができるように、妊娠・産後・育児期のご夫婦の新たな協力体制づくりのサポートに力を入れています。

 

なぜなら、家庭が社会の最小単位であり、子どもたちが最初に触れる社会そのものだから。

 

私たち自身、第一子誕生を機に夫婦ともに家庭と仕事の両立を巡る問題に直面。産後うつや産後クライシスを経験し、産後10ヶ月目には離婚の危機に陥る中で、我慢や妥協ではない夫婦の在り方を模索。「対話」を通じて夫婦のパートナーシップを発揮していくことの大切さや、“わたし”だけでなく“わたしたち”でキャリアを切り拓いていくことの意義を実感しました。

 

どんな自分・夫婦・家族でいたいか?

結婚・妊娠・産後・育児期に夫婦で共有すべきこととは?

 

誰にでも起こりえる産後の危機を乗り越え、わが子により良い家庭環境を創り出していける夫婦で溢れる社会になるように。

 

「親になる夫婦がどのような家庭環境を子どもたちに創り出していくのか?」…この問題を個人の問題と突き放さずに、当事者であるご夫婦の皆様をはじめ、産婦人科などの医療機関の皆様、保育・産後ケア関連の事業者様、子育て支援に積極的な自治体・企業の皆様、そしてこれまで『夫婦会議』に実際に取り組んでこられた皆様にもお知恵をお借りしながら、「より良い夫婦のパートナーシップ」づくりに貢献して参ります。

 

引き続きご注目いただけましたら幸いです。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

Logista株式会社 夫婦会議アドバイザー

共同代表 長廣百合子(妻) 長廣 遥 (夫)